【パソコン初心者向け】「MacBook Pro2018」 15インチ?13インチ?どっちを買えばいいの?

【パソコン初心者向け】「MacBook Pro2018」 15インチ?13インチ?どっちを買えばいいの?

f:id:daturyokusalaryman:20190507120918j:plain

・なんだか何が優れているのかよく分からないけどMacBookProが欲しい!!

・カフェとかでMacBook持っている人を見てカッコいいから欲しい!

漠然とした理由でMacBookが欲しいと思った方、少なくないと思います。

というか私も実際にそちら側でした。パソコンには全く知識が無く素人だったのですが先日、「MacBook Pro2018 15インチ」を購入しました。

今回は同じ悩みを抱えている方々へ向けて、パソコン素人である私がなぜMacBookを購入したのか、なぜ15インチを購入したのかをお伝えしていきたいと思います。

悩んでいる人の購入の決め手になれば幸いです・・・。

MacBook Pro2018

MacBook Proについて、サイズやスペック、カラーなど色々な種類がありますが、基本的な部分について素人目線の簡単な紹介をしていきます。(難しい数値や解説は分かりやすさ重視で省いています。)

サイズ展開

まず、MacBook Proにはサイズ展開が2種類あります。

①13インチモデル

②15インチモデル

こちらは単純にディスプレイの大きさを表しており、13インチであればコンパクト、

15インチであればより大きな画面で 作業することができます。ただ、13インチと15インチでは重量に500gほど差があるので、その点には注意。

超簡単素人目線スペック比較

こちらは素人の目線による素人のための簡単解説なのでパソコンに詳しい方は飛ばしてください。(そもそも詳しい人は見ないかな・・・)

【13インチモデル】

・CPUが4コア(2017年版は2コアだった)

・グラフィックボードが独立していない(高度な動画編集とかには不十分)

・メモリが8GB (多いほど多くのソフトを立ち上げても安定する)

【15インチモデル】

・CPUが6コア(2017年版は4コアだった)

・グラフィックボードが独立(RadeonProというグラフィックボードが積まれている)

・メモリが16GB(いろんなソフトを立ち上げても安定)

CPUについては、パソコンの脳みその数だと思ってください。

イメージとしては13インチが4コアだから、脳みそが4つ→4人分の頭脳

みたいなことです。頭脳が多ければ多いほど、処理速度や作業のスピードに差が出ます。

グラフィックボードについては動画編集時などにムービーの滑らかさや美しさに差が出ます。

メモリは一時的に抱えることのできる作業の数が変わってくるイメージで、多ければ多いほど複数のソフトを立ち上げながら作業ができると考えてください。

例)動画編集しながら、音楽流しながら、ネットも見ながら、写真加工しながらみたいな。

カラー展開

①スペースグレー

②シルバー

2色展開となっており、市場としてはスペースグレーが圧倒的な人気を誇っています。

新色として発売されたこともあり、家電量販店ではグレーの在庫が売り切れなことも多い模様。反面、シルバーは従来のMacBookのイメージですので、伝統的なカラーが好き、MacBookが持てれば色にそこまでこだわりがない人はシルバーでも満足。

 それぞれのメリット

サイズとスペックで悩む人は、素人目線でのそれぞれのメリットをご参考ください!

13インチのメリット

・持ち運びにちょうど良いサイズ、重量

・4コア化したことで小さいながらも万能に作業できる

・価格が15インチより安い(税抜142,800円〜)

15インチのメリット

・ディスプレイが大きく見やすい

・6コア化したことで高度な動画編集や作業がスムーズ

・メモリが13インチの2倍あるので複数作業をしても重くなりにくい

筆者が15インチを選んだ理由

  1. ブログを始めたい
  2. 動画編集もしてみたい
  3. あまり外に持ち歩かない
  4. どうせ買うならハイスペック

1.ブログを始めたい

これは今まさに実現できています。というか極端な話、スマホだけでもできる話なのでこれは理由としては重要度低いです。

2.動画編集もしてみたい

これは1番の理由と言っても過言ではないです。人によっては高度な編集をしないなら13インチでも事足りると思うかもしれないですが、動画はこの先4Kが主流の時代が来ると考えています。まだ始めてすらいないので何とも言えないですが、4K動画自体を編集するのには高度な技術を使わないとしても、読み込みや処理だけでそれなりの時間を要します。また、スペックによっては編集中に映像がカタついたりも考えられるので、長い目で見て6コアでメモリも多い15インチを選びました。

3.あまり外に持ち歩かない

デスクトップを買うのは、いざという時に持ち歩けないし不便。ベッドの上でブログや動画編集をしたい時もあるし・・・なんて考えるとノートPCの方が圧倒的に便利です。

そんな今もこの記事をベッドで寝そべりながら書いています。デスクトップじゃなくてよかった。デスクトップはデスクトップで良いところももちろんあるのですが、現代のノートPCもスペックがかなり上がっているので、このMacBook Proもそうですが物によってはデスクトップよりもずっとスペックも処理能力も高いです。

4.どうせ買うならハイスペック

これはほぼ2番の動画編集したい理由と同じです。

どうせ買うなら先々まで見越して良い物を買っておく方が後々の後悔に繋がりにくいかなと思っています。

まとめ

 13インチがオススメな人

・持ち歩き重視

・高度な動画編集は要さない(切り取り編集や簡単なテキスト挿入程度)

・あまりお金をかけたくないけどそこそこのスペックのMacが欲しい

15インチがオススメな人

・どちらかと言うと家使い重視

・凝った動画編集もそのうちやりたいと思っている人

・持ち歩きもある程度したいけど大きい画面が良い人

・ハイスペック大好き人間

Macはやっぱりかっこいい

最終的にはこれが一番の理由になると思います!

そもそも欲しいと思うきっかけがスペックどうこうよりもデザインやスタイリッシュさから入る人が多いと思うので。実際に手にすると所有欲も満たされますし、安い買い物ではないので必然的にPCを使って行動をするようになります。

現に筆者も下手くそながらこうしてブログ書いてますし・・。

でも、今までやったことのない事に挑戦するのって楽しいですし、面倒ながらも続けてみると新しい自分の特技にも気づいたり、意外とやってみると向いていたり、何があるか分かりません。もしMacBookを買おうか悩んでいるなら思い切って買ってみるのもありかもしれません。あなたの人生がもっと豊かになるかも。

ライフスタイルカテゴリの最新記事